専門学校の役割とは

>

費用や就職率

費用の面のメリット

専門学校の特徴として、大学とは違い通学年数が短いというところです。
ですから学費の面も大学と比べて比較的に安くなります。
1年目に支払う初年度納付金に大きく差はありませんが、修業年数が大学より専門学校のほうが短くなる場合が多いのです。
ある学科の修了期間も大学では4年かかりますが、専門学校では2~3年で終了することができます。
専門学校ではその差し引きの1~2年分の学費を抑えられることが出来るのです。

やはり大学や専門学校の一番の負担は費用ですので、しっかりとした目的があれば専門学校で費用を抑えて効率よく通学したほうがよいでしょう。
学業はお金には代えられませんが、こういった費用面でも大きなメリットがります。

就職率が高い

専門学校を卒業した上での就職は基本的にその分野の専門職につきます。
当たり前なのですが、それ以外の分野につこうとしても専門学校の分野外なので修了していないのと同じになります。
しかし、専門学校で修了した専門職の場合、関連分野への就職率は72パーセントと高く、医学分野の学科では88パーセントの人が関連分野で活躍しています。

資格試験の合格率が高いのも魅力ですが、それ以上に専門分野への就職率が高いことが専門学校の人気でもあります。
特に医学分野は人手が足りていませんので、たしかなデータはありませんが採用率が100パーセントなどいわれています。
それほど専門的な知識が必要とされており、人手が足りていない職業なのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る